忍者ブログ

Tout deviennent un caractère.

映画の感想を中心に書き綴っています。ネタバレや個人的で偏った感想なども含まれているのでご注意を。

2017'09.21.Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'08.14.Tue
THE DOLL MASTER(2004)

監督:チョン・ヨンギ
出演:イム・ウンギョン、キム・ユミ、オク・ジヨン、イム・ヒョンジュン、シム・ヒョンタク、イ・ガヨンetc

ストーリー:ある日、ヘミ(キム・ユミ)、ソニョン(イ・ガヨン)、ホン(イム・ヒョンジュン)、テスン(シム・ヒョンタク)、ヨンハ(オク・ジヨン)の5名は、館長(チョン・ホジン)と人形師(キム・ボヨン)からこの洋館に招待される。館内には様々な人形が並び、その精巧な美しさに5人は魅了される。そんな中、ヘミは自分を以前から知っているという謎の少女ミナ(イム・ウンギョン)と出会う。強い怨念を宿した人形が恐るべき惨劇を引き起こすコリアン・ホラー。


以下、ネタバレありの感想です。

韓国のホラー作品です。
それほど怖くはないんですが、人形が動く(目や手)のがちょっとドキっとしました。

ある人形美術館に集まったのは5人の男女。
彼らの目的は人形のモデルになる事。
全く関係のなかった5人には実は共通点があって…という感じです。

まずこの映画で驚くのは館の中の人形達でしょうか。
部屋に必ず一体はいるんですが、これがまた怖い。
ヘミ(キム・ユミ)の泊まる部屋の人形が鏡を持っているのは良いです。でもヨンハ(オク・ジヨン)の天井とか嫌です。あとトイレ!あんな所に人形がいたら落ち着いていれませんって(笑)。

60年前に起きた事件、ヘミの人形、そして現在の話から成り立っているんですが色々と中途半端で。
一番怖いと感じたのは人形師(キム・ボヨン)が豹変するシーンでしょうか。
60年前に起こった事件の犯人が、集められた4人で、その事件を引き起こす事になった犯人がもう1人のモデル、と偽っていた刑事さんでした。

そういえば、ヘミは何で急にミナが嫌いになったんでしょうか。子どもだから新しいおもちゃに心奪われたって事かしら…でもだからって捨ててしまうなんて…!

この映画で一番印象に残るのはミナ(イム・ウンギョン)です。
凄く可愛い方なんです、肌も白くて目も真ん丸で本当に人形のようでした。
ラストでガラっと印象が変わるんですが、これもまた可愛い!

拍手

PR
[65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57] [56] [55
«  BackHOME : Next »
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
さわこ
性別:
女性
趣味:
本、映画、音楽、海外ドラマ
web拍手
ブクログ
ブログ内検索
アクセス解析

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]