忍者ブログ

Tout deviennent un caractère.

映画の感想を中心に書き綴っています。ネタバレや個人的で偏った感想なども含まれているのでご注意を。

2017'08.18.Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008'09.23.Tue
EPIC MOVIE(2007)

監督:ジェイソン・フリードバーグ、アーロン・セルツァー
出演:カル・ペン、アダム・キャンベル、ジェイマ・メイズ、フォーン・チェンバース、ジェニファー・クーリッジetc

ストーリー:ルーヴル美術館から暗殺者の手を逃れてきたルーシー(ジェイマ・メイズ)、メキシコの修道院から逃亡したエドワード(カル・ペン)、搭乗していた飛行機が蛇の大群に襲われたスーザン(フォーン・チェンバース)、そしてミュータント・アカデミーの平凡なピーター(アダム・キャンベル)の何の接点もない4人は、黄金のチケットを手に入れ、憧れのチョコレート工場へ見学に行くのだが…。


以下、ネタバレありの感想です。

色々な映画のパロディ作品。
予告を観て、これは絶対に観たいと思っていた映画です。
そして本当に楽しかった、大満足です!

この映画は、『ナルニア国物語』シリーズと『チャーリーとチョコレート工場』(2005)がベースになっていて、『ダ・ヴィンチ・コード』(2006)や『ナチョ・リブレ/覆面の神様』(2006)、『スネーク・フライト』(2006)、『X-MEN』シリーズに『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、『ハリー・ポッター』シリーズやなんかも出てきます。

個人的に、『チャーリーとチョコレート工場』(2005)のウィリー・ウォンカの登場シーンが好きです。
だって『夢のチョコレート工場』(1971)のワンカと一緒…!
あの杖をついて出てきた瞬間、「まさか前転するのか…!?」と思ったら本当にしてくれて感激!

この映画に出演している人達は、もちろん本家と関係ないんですが『ナチョ・リブレ/覆面の神様』(2006)に出演していたジャック・ブラックの役の方なんて物凄い似てて驚きました。
あと『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジャックもあのいい加減な雰囲気が何だか似てたような気がします。

あとは大好きな『ハリー・ポッター』シリーズからも主役の3人が登場してるんですが、なんていうか、将来あんな感じになりそうな気もしなくないです(笑)。
いや、でもあんな風にはなって欲しくないですよ、勿論…!

そういえば、アスロが白の悪女の城に乗り込んで対決するシーンって、もう別人ってバレバレじゃないですか!
体型も違うし顔も物凄く映ってる(笑)。

そして、一度見たら忘れられないの『ボラット』(2006)!
あの水着、ムタンガ…でしたっけ…?セレブに人気らしいんですが凄いですよね、あんな水着を着てる人と一緒にいたくない…(笑)!

映画以外にもCMや番組のパロディなんかもあるので、元ネタが分からないシーンもありましたが大作映画を知ってるだけでも十分楽しめました。
…ただ下水だとか嘔吐だとか汚いシーンもあるので注意です。

拍手

PR
[91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81
«  BackHOME : Next »
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
さわこ
性別:
女性
趣味:
本、映画、音楽、海外ドラマ
web拍手
ブクログ
ブログ内検索
アクセス解析

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]