忍者ブログ

Tout deviennent un caractère.

映画の感想を中心に書き綴っています。ネタバレや個人的で偏った感想なども含まれているのでご注意を。

2017'06.28.Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008'12.12.Fri
VERONICA MARS(2004~2005)

製作総指揮:ジョエル・シルヴァー、ロブ・トーマス
出演:クリスティン・ベル、エンリコ・コラントーニ、パーシー・ダッグズ三世、テディ・ダン、ジェイソン・ドーリング、フランシス・キャプラ、アマンダ・セイフライドetc

ストーリー:カリフォルニアにある海辺の高級住宅地ネプチューン。ヴェロニカ・マーズ(クリスィテン・ベル)は、元保安官で私立探偵の父(エンリコ・コラントーニ)を持つ普通の女子高生。彼氏のダンカン(テディ・ダン)や、親友のリリー(アマンダ・セイフライド)に囲まれ楽しい学校生活を送っていたのだが、リリーが殺された事によってヴェロニカの周りに変化があらわれる。


以下、ネタバレありの感想です。

一話完結の探偵ドラマです。
主人公のヴェロニカ・マーズ(クリスティン・ベル)は高校生で、学校での事件や恋愛、父親の探偵事務所の手伝いをしたり、そして親友殺害の事件が色々と絡んで面白かった!
最初はティーン向けなドラマかと思っていましたが、意外と骨太で凄いオススメなドラマです。

何故、親友は殺されたのか?
彼氏はどうして自分から離れたのか?
母親はどこに?
レイプ犯は?と色々な謎があるんですが、徐々に明らかになってすっきりしますね。

恋愛は、最初はダンカン(テディ・ダン)と元に戻って欲しいなーと思っていたんですが、母親を亡くしてからのローガン(ジェイソン・ドーリング)の変化が凄い良くっていつの間にかローガンが好きになってました。
最初は、なんていうか、中途半端なガキで好きじゃなかったのに、父親からの虐待などの家族関係が明らかになって考えが変わってきました。最初は同情心だったけど、後半のヴェロニカとの姿を見てたらもう好きだと実感…!
ヴェロニカが「あなたを待っていた」と言った相手がローガンだったら良いな…!もちろん妄想。

ダンカンとの兄妹説も本当じゃなかったので、次のシーズンからダンカンも絡んできたら面白いと思います。…でもローガンとの仲は続くのだろうか…?あんなラストだったしなぁ。

家族も、恋愛と同じように元に戻るのが幸せかと思っていたけど、あまりに駄目な母親にモヤモヤしました。ヴェロニカが大学の資金を使ってまで更生して欲しいと願うも施設を抜け出し、お酒をやめたと嘘をつき更にお金まで…!!
その反面、ウォレス(パーシー・ダッグズ三世)の母親は凄い大人だなと思いました。彼女には是非幸せになってもらいたい。
あ、あとヴェロニカと父親が本当の親子だと分かったシーンでは心底良かったと思いました。

楽しみといえば、ヴェロニカのファッションもその一つです。
変装で凄い可愛いのがあったんですよー!オタクの集まり…ゲーム大会か何かに侵入した時の黒髪ボブにスクールガールな服装がたまらん可愛かったです。

次のシーズンが楽しみで仕方ないドラマです。

拍手

PR
[95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85
«  BackHOME : Next »
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
さわこ
性別:
女性
趣味:
本、映画、音楽、海外ドラマ
web拍手
ブクログ
ブログ内検索
アクセス解析

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]