忍者ブログ

Tout deviennent un caractère.

映画の感想を中心に書き綴っています。ネタバレや個人的で偏った感想なども含まれているのでご注意を。

2017'10.23.Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009'01.12.Mon
SCREAM(1996)

監督:ウェス・クレイヴン
出演:ドリュー・バリモア、ネーヴ・キャンベル、スキート・ウールリッチ、ローズ・マッゴーワン、デヴィッド・アークエット、ジェイミー・ケネディ、マシュー・リラードetc

ストーリー:カリフォルニアの田舎町、ウッズボローで殺人事件が起きた。ケイシー(ドリュー・バリモア)が不気味な電話を受け取った後、恋人と共に惨殺されたのである。同じ高校のシドニー(ネーヴ・キャンベル)も、その電話を受け取り、彼女はマスクを被った人物に襲われるのだが…。


以下、ネタバレありの感想です。

映画好きによる殺人事件。
だから映画ファンなら楽しめる内容になっているんじゃないかと思います。
あまりグロくないので、というかコメディな感覚で観ると良い。
あ!この作品を観る前に『13日の金曜日』(1980)などの有名なホラー映画を観ていない方はまだ観ない方が良いです。
だって犯人ネタバレしているので勿体無い…!

最初の被害者(1年前の事件を入れたら違いますが…)がドリュー・バリモアで一番迫力のある演技でした。ここが一番ドキドキしました。

ホラー映画で生き残るためのルールは面白いです。
確かにあるある!というものばかり。
「2階より外に逃げれば良い」とか言ってたのに結局は2階に逃げてしまったりとか、処女は生き残るとか薬やお酒、セックスは死亡フラグだったりとか。

犯人が分かってからのシーンは、なんていうかホントにコメディのように感じました。
刺しあったり詰めが甘かったり。

ところで、ビリー役のスキート・ウールリッチはジョニー・デップに似てますね。

拍手

PR
[100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [92] [91] [90
«  BackHOME : Next »
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
さわこ
性別:
女性
趣味:
本、映画、音楽、海外ドラマ
web拍手
ブクログ
ブログ内検索
アクセス解析

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]