忍者ブログ

Tout deviennent un caractère.

映画の感想を中心に書き綴っています。ネタバレや個人的で偏った感想なども含まれているのでご注意を。

2017'10.23.Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008'05.13.Tue
THE TEXAS CHAINSAW MASSACRE: THE BEGINNING(2006)R-15

監督:ジョナサン・リーベスマン
出演:ジョーダナ・ブリュースター、マット・ボーマー、テイラー・ハンドリー、ディオラ・ベアード、アンドリュー・ブリニアースキー、R・リー・アーメイetc

ストーリー:ベトナム戦争が激化する1969年。ディーン(テイラー・ハンドリー)とその兄エリック(マット・ボーマー)は、ベトナムへと旅立つ前の最後の週末に、ベイリー(ディオラ・ベアード)とクリッシー(ジョーダナ・ブリュースター)と共にテキサス縦断の旅へと繰り出した。しかし途中で、暴力的なバイカーのアレックス(シーアー・バッテン)に追われ4人の乗った車は事故に遭ってしまう。トビー・フーパー監督の『悪魔のいけにえ』(1974)をリメイクしたサスペンス・ホラーの続編。


以下、ネタバレありの感想です。

この作品、グロい映像ばかりなので苦手な方は気を付けてください。
ある程度、覚悟してみれば意外と大丈夫かもしれませんが。

ホラーとかグロい作品とか何度も観て楽しむんですが、このシリーズの作品はあまり観たくありません。
と言いながら2・3回は観てるんですけど(笑)。

何が嫌かってチェーンソーの音…っ!
歯医者さんのあの音を思い出してしまうのか、なんだか歯の辺りが気持ち悪い感じになるのがいやー!

ストーリーはトーマス、レザーフェイス(アンドリュー・ブリニアースキー)が生まれた所から始まります。
ストーリーとかオチとかは想像通りでした。
物語の始まりなので、この後に繋がっていくということで、あの家族は捕まらずバッドEDになるんだろうなーとか、クリッシー(ジョーダナ・ブリュースター)の乗った車の後部座席にはトーマスが乗ってるんだろうなーと予想通りの筋書きでした。

衝撃的な映像が多い中、一番衝撃的だったのはチャーリーもといホイト保安官(R・リー・アーメイ)の言動。
だってまさか叔父さんの足をチェーンソーでぶったぎらせるなんて…!
この時の「バランス」というセリフは一番ショックでもあり、このいかれっぷりに思わず笑ってしまいました。

ちょっと物足りない気もするけど、こんなもんかなぁ。
この緊張感が好きで痛いと分かっていても、ついつい何度も観てしまうんですよねー。

拍手

PR
[89] [88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79
«  BackHOME : Next »
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
さわこ
性別:
女性
趣味:
本、映画、音楽、海外ドラマ
web拍手
ブクログ
ブログ内検索
アクセス解析

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]