忍者ブログ

Tout deviennent un caractère.

映画の感想を中心に書き綴っています。ネタバレや個人的で偏った感想なども含まれているのでご注意を。

2017'10.23.Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008'04.15.Tue
SNAKES ON A PLANE(2006)PG-12

監督:デヴィッド・R・エリス
出演:サミュエル・L・ジャクソン、ネイサン・フィリップスetc

ストーリー:ハワイでショーン・ジョーンズ(ネイサン・フィリップス)は、偶然、ある殺人を目撃してしまう。唯一の目撃者ショーンをLAの大陪審で証言させるため、FBIのネヴィル・フリン(サミュエル・L・ジャクソン)が護衛につく。しかし、彼らの乗った飛行機には大量の毒蛇が忍び込まされていた…。


以下、ネタバレありの感想です。

予告の、あるシーンを観て物凄く観たくなった作品です。
それはどんなシーンかと言えば、大蛇が男性を頭から飲み込んでいるシーンです!
こういうシーン、好きなんですよねー、だからそこだけで良いから観たいと思いました(笑)。

内容は王道な感じですね、蛇が出てからテンポもよくて楽しめました。

壁を吹っ飛ばして蛇を外に追い出すとか凄かったなー!
一瞬しか見えませんでしたが、あの大蛇、まだ男性を飲み込み途中だったように見えたんですがどうだったかなぁ…?

あ、ラストの飛行訓練のないゲーマーの彼が無事着陸も良かったです。
それに着陸してからネヴィル(サミュエル・L・ジャクソン)が襲ってきた蛇もろともショーン(ネイサン・フィリップス)を撃つシーンでは驚きました。
なんだ、防弾チョッキか…!

この映画で好きなのはクレジット部分のPVです!
コブラ・スターシップというグループが歌っている『Snake on a plane』が好き!
サミュエルの汚いセリフと同時に始まります。
メインで歌ってる2人よりあとの2人が好きです。かっこいー!
そしてこの映像を見ればどうやって機内に蛇を持ち込んだか分かります。

こういうパニック映画を観てていつも不思議に思うのは人間より動物が餌食になった時のショックの大きさ。
なんでなんだろうか、本作品でも蛇が放たれた直後、大蛇が出てきた辺りで犬が犠牲になったのが一番ショックでした。

拍手

PR
[84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74
«  BackHOME : Next »
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
さわこ
性別:
女性
趣味:
本、映画、音楽、海外ドラマ
web拍手
ブクログ
ブログ内検索
アクセス解析

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]