忍者ブログ

Tout deviennent un caractère.

映画の感想を中心に書き綴っています。ネタバレや個人的で偏った感想なども含まれているのでご注意を。

2017'06.22.Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008'04.04.Fri
HAUTE TENSION(2003)R-15

監督:アレクサンドル・アジャ
出演:セシル・ドゥ・フランス、マイウェン、フィリップ・ナオンetc

ストーリー:マリー(セシル・ドゥ・フランス)は親友のアレックス(マイウェン)と共に彼女の実家へと向かう。2人は静かな田舎で試験勉強に励む予定だった。夜遅く、ようやく2人はアレックスの実家に到着するがその直後、謎の男(フィリップ・ナオン)が玄関に現われ、手にした刃物でアレックスの家族を次々と惨殺し…。


以下、ネタバレありの感想です。

フランス発のスプラッタ作品。

ストーリーは、アレックス(マイウェン)の田舎で勉強をする事にしたマリー(セシル・ドゥ・フランス)とアレックスが彼女の家に到着した晩、謎の男(フィリップ・ナオン)がアレックスの家族を殺し、更にアレックスまでさらってしまう事で進んでいきます。

男に見つかりそう、見つかったら殺される、という緊張感は良かったです。私も最初の内はマリーと同じくドキドキしました、が、あのラストはいまいち…。

実はマリーが犯人という真実が明らかになるんですが、それならカーチェイスとか辻褄が合わなくないですか…?
殺人現場を目撃、はまだ分かるんですが。

それに見つかってはいけないのにガサガサって凄い音を立ててたりでなんだかなー。

こんなどんでん返しはいらないから、普通に謎の男が犯人で良かった気がします。

上で挙げた点や、アレックスがあまり可愛くないとか、最初に映画のラストを持って来ちゃうとちょっと…とか不満がいくつかある作品でしたが、でもスプラッタものとしては良いかなぁ。

特殊メイクとか、あと小道具の丸ノコとか有刺鉄線のバットとか!
あと映像の色調は好みです。
うーん、言葉で表現出来ないのがくやしいですが…!

拍手

PR
[81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71
«  BackHOME : Next »
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
さわこ
性別:
女性
趣味:
本、映画、音楽、海外ドラマ
web拍手
ブクログ
ブログ内検索
アクセス解析

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]