忍者ブログ

Tout deviennent un caractère.

映画の感想を中心に書き綴っています。ネタバレや個人的で偏った感想なども含まれているのでご注意を。

2017'08.18.Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010'02.24.Wed
DISTURBIA(2007)

監督:D・J・カルーソー
出演:シャイア・ラブーフ、サラ・ローマー、アーロン・ヨー、デヴィッド・モースetc

ストーリー:父親を交通事故で亡くして以来、自暴自棄になっていたケール(シャイア・ラブーフ)は学校で教師を殴る事件を起こしてしまう。そして裁判所から3ヶ月間の自宅軟禁処分を言い渡され、行動範囲の半径30メートルを越えると警察へ通報される監視システムを足首に取り付けられる羽目に。こうして暇を持て余し、ある時ふと近所の覗き見を始めたケールは、やがて親友のロニー(アーロン・ヨー)と隣に引っ越してきたアシュリー(サラ・ローマー)も交え、ますます覗き見にはまっていく。そんなある日、血まみれのゴミ袋を引きずる人影を目にするケール。また同じ頃、巷では赤毛の女性ばかりが次々と行方不明になる事件が頻発していた。


以下、ネタバレありの感想です。

大好きなシャイア・ラブーフ主演の作品!
今回は現代版『裏窓』(1954)のように、主人公のケール(シャイア・ラブーフ)が暇潰しで始めた覗き見で進んでいきます。

父親を亡くして自暴自棄になって教師を殴り自宅に軟禁状態になってしまうケール。
しかも足に発信機を付けられ、決められた行動範囲から出てしまうと通報されるというシステム。

最初は親友のロニー(アーロン・ヨー)と近所の悪ガキがアダルトチャンネルを見ているのを覗き見したり、隣に引っ越してきたアシュリー(サラ・ローマー)を覗いたりしていましたがその内に怪しい人を見つけて…。

基本的にケールは自宅にて指令、ロニーとアシュリーが行動します。
ビデオを使ったりで良い感じの緊張感を味わえました!

ミスター・ターナー(デヴィッド・モース)が紳士のようなんだけど、とても気持ち悪かったです。
しかも女性が帰ったように見せる為に女装とか…このシーンはシルエットのみですが想像すると笑える(笑)

最初、ミスター・ターナーを見た時、どこかで見た顔だなぁと思っていましたがあれだ!
海外ドラマの『Dr.HOUSE』の嫌な刑事!
こういう悪役(?)が似合いますねー。

拍手

PR
[116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106
«  BackHOME : Next »
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
さわこ
性別:
女性
趣味:
本、映画、音楽、海外ドラマ
web拍手
ブクログ
ブログ内検索
アクセス解析

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]