忍者ブログ

Tout deviennent un caractère.

映画の感想を中心に書き綴っています。ネタバレや個人的で偏った感想なども含まれているのでご注意を。

2017'06.28.Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006'11.09.Thu

TIM BURTON'S CORPSE BRIDE(2005)

監督:ティム・バートン、マイク・ジョンソン
出演(声):ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、エミリー・ワトソンetc

ストーリー:親の決めた相手と結婚する事になったビクター(ジョニー・デップ)とビクトリア(エミリー・ワトソン)。しかし、結婚式のリハーサルにも関わらずビクターは失敗してしまう。そこで彼は1人で森の中で誓いの言葉の練習をしていた。そして彼女に見立てた木の枝に指輪をはめるが、それは何とコープスブライド(死体の花嫁)の指だったのだ…。『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』(1994)同様ストップモーション・アニメーション撮影で製作されたティム・バートン監督によるファンタジーアニメーション。


以下、ネタバレありの感想です。


『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』(1994)に続いて12年振りのティム・バートン監督のアニメ作品!もうそれだけで凄い楽しみな作品です。予告観ただけでもうドキドキしました。

今回は人形達が物凄い表情も豊かで、さっさと動く姿を見て驚きました。
凄いですよね、もうCGか!?ってくらい滑らかに動くし、光とか服とかの質感とかも凄いキレイで本物みたい!『ナイトメアー~』でも色々とショックを受けましたが今回も素敵でした。蝶々も人形なんですかね…?ラストの蝶々が物凄くキレイで驚きました。

ストーリーは、コープスブライドのエミリー(ヘレナ・ボナム=カーター)と結婚するつもりは無かったのに結婚してしまったビクター(ジョニー・デップ)、そして彼の婚約者ビクトリア(エミリー・ワトソン)の三角関係ラブストーリー、でしょうか。いや、三角関係って程でもないか。大抵、どちらかの女性が性格が悪かったりしますが、2人とも性格の良い女性達です。片方はもう死んでしまってますが…。

内容が分かりやすくてオチは“彼”が登場してエミリーの過去が分かった時点で気づいてしまうと思うんですが、それでも惹きこまれる作品です。1人1人が凄く個性的で、最初はダークな登場人物達にちょっと…と思っていても観ている内に、どんどん彼らが可愛く見えてくるのが不思議。これがバートンマジックかしら。

キャラクター達も今回も不気味だけど、何か可愛い!
エミリーは片腕と足が骨だけど可愛いし、ドレスやらヴェールがフワってなびくのも素敵だった!スクラップスも骸骨の子ども達も可愛かったなぁ~。ビクターが「死んだ振り」って言って時にちょっと???になってるスクラップスが物凄く可愛かった!けど生きていた時からスクラップスって名前だったんですよね…(笑)

死者達が地上に来た時に、家族達に会ったシーンは感動…!子どもが「もしかしておじいちゃん?」って言ってハグしたシーンとか家族愛って素敵って思いました。

面白いと思ったのは、生者の世界はモノクロで暗いのに、死者の世界では色が溢れている事。普通だったら反対ですよね、イメージ的に。でも不思議と、この世界には合ってました。上では何もかもがただ過ぎていく、息が詰まりそうな世界だけど、下では開放されて凄く楽しい!みたいな。死者の世界の方が物凄く弾けていて『Remains of the Day』のシーンも観ていて楽しかったです。踊る骸骨達がカッコいい!

ミュージカル調で色々なシーンで曲が聴けるのが嬉しかったです。ミュージカル好きなのでv
最初の歌では、同じ曲調なのにビクター側は大喜び、ビクトリア側は嫌がっているのも面白いです。
好きな曲は『Tears to Shed』。蜘蛛と虫が歌う曲です。公開される前から公式サイトに足を運んでこの曲ばかり聴いていました。歌詞は英語だから意味は分かんなかったけど、実際に観てみてもやっぱり好きだなー!蜘蛛の声が可愛いし、エミリーが歌うIf~の部分も物凄く切なくて好き。
あと、ビクターとエミリーのピアノのシーンも好きだな!最初は楽しそうじゃないのにエミリーの表情が少しずつどんどん楽しそうな顔に変わっていくのが好きです。

この作品ってロシアの民話を元に監督風にした作品なんですってね。それでオリジナルの作品も読んでみたんですが…良かった、ちょっとウルッときました。こちらの話でも死体の花嫁は結ばれることが出来ませんでしたが、婚約者が「あなたの事は一生忘れない」と言ってお墓を作ってあげたシーンとか凄く良い。

どちらかと言えば大人が楽しむ映画でした。クスっと出来てウルッとする作品。
私の中では、『ナイトメアー~』には届きませんが、今回も素敵な作品でした。…いや、この作品が悪いんじゃなくて前作が凄すぎて、と言う意味ですので。今作も大好きな映画の上位に入る勢いです。

拍手

PR
[34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24
«  BackHOME : Next »
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
さわこ
性別:
女性
趣味:
本、映画、音楽、海外ドラマ
web拍手
ブクログ
ブログ内検索
アクセス解析

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]