忍者ブログ

Tout deviennent un caractère.

映画の感想を中心に書き綴っています。ネタバレや個人的で偏った感想なども含まれているのでご注意を。

2017'06.22.Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010'01.05.Tue
あけましておめでとうございます。
今年も沢山映画を観て、気が向いたらここにも来たいと思っているのでどうぞ宜しくお願いします。


いくつか気になる予告があったのでメモ。

■Dr.パルナサスの鏡(2010)
2007年のロンドン。パルナサス博士が率いる旅芸人の一座が街にやって来た。
博士の出し物は、人が密かに心に隠し持つ欲望の世界を、鏡の向こうで形にして見せる「イマジナリウム」。
博士の鏡をくぐりぬけると、そこにはどんな願いも叶う摩訶不思議な迷宮が待っている。
しかし、1000歳になるという博士には悲しい秘密があった。
それはたった一人の娘が16歳になったときに悪魔に差し出すという約束をしたこと。
タイムリミットは3日後に迫った娘の誕生日。
一座に加わった記憶喪失の青年トニーとともに、博士は鏡の迷宮で最後の賭けに出る。
彼らは娘を守ることができるのか?

『ダークナイト』(2008)で故人としては史上2人目となるアカデミー賞を受賞したヒース・レジャーの遺作となった本作。
撮影中にヒースが急死したことで、映画自体の完成が危ぶまれたが、その窮地を救ったのは、彼の親友であり、テリー・ギリアム監督の圧倒的な才能を信頼するジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの3人。
彼らが、現実と鏡の世界を変幻自在に行き来する青年トニーを“4人1役”で演じることにより、イマジネーションあふれる鏡の世界が誕生、監督が描きたかったテーマがより浮き彫りになった。
さらに『
スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師』(2008)で美術を務めたデイヴ・ウォーレンの比類なき世界観が加わり、鬼才テリー・ギリアムの想像をも超える壮大で感動的なエンタテインメントが誕生した!

ヒース・レジャーの遺作ということも気になりますし何より映像がダークで凄い好み!

■ラブリーボーン(2010)
14歳で殺害された少女・スージー(シアーシャ・ローナン)が、天国から地上に残された家族や友人たちを見守り続け、この世と天国をさまよう姿を描いたスピリチュアル・ファンタジー。
世界中の感動を呼んだ、アリス・シーボルドのベストセラー小説を『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソンが映画化。


天国の映像も凄いきれいだったしサスペンス色も強そうなので観てみたいなー。

■アリス・イン・ワンダーランド(2010)
ティム・バートン監督がルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』、『鏡の国のアリス』の7年後の世界を実写とモーションキャプチャによって映画化。

不思議の国のアリスも大好きだしティム・バートン監督とジョニー・デップのタッグということで期待も大きいです。
しかもアラン・リックマンもまたも出演?絶対観たい!



♪ASIAN KUNG-FU GENERATION/或る街の群青

拍手

PR
2009'09.25.Fri
まだ少し暑いですが、夏も終わってしまいましたねー。
夏ってあんまり好きではないんですが終わってしまうと何だか寂しい。
でもこれから秋が始まると思うとそれもそれでワクワクします。
服も可愛いのが多いし、山も赤くなって綺麗だし。
なにより大好きな栗きんとんの季節(笑)!

公開予定の作品で観たい作品が何作かあるので紹介!
■ファイナル・デス・ゲーム
『トゥルー・コーリング』のエリザ・ドゥシュクと『クローバーフィールド/HAKAISYA』のマイク・ヴォーゲル主演のパニック・スリラー映画。
15世紀に火あぶりにされた魔女の呪いが宿った謎のボードゲーム“マンバ”を手にした若者たちが何でも思い通りの願いが1つだけ叶う代わりに、負ければゲームに示された方法で死が与えられるという最恐のゲームに挑む物語。
…と内容だけ見るとまるで『ジュマンジ』のような作品ですが、何よりエリザ・ドゥシュクが主演というのがたまらない!
最近彼女の映画がなくて寂しかったのでこの作品は観たいです!
地元でも公開されれば良いんだけどなー。

■マチェーテ
ロバート・ロドリゲス監督とクエンティン・タランティーノ監督がB級映画ばかりを2、3本立てで上映する映画館グラインドハウスを現代によみがえらせた競作映画『グラインドハウス』内で、フェイク予告編として流れた『マチェーテ』の長編映画版。
フェイクの予告だけでも完成度が高くて、観たいなーと思っていたら長編映画化でとても楽しみです。
しかもキャストがとても豪華で、ロバート・デ・ニーロやリンジー・ローハン、スティーブン・セガールなどなど!
絶対観たい…!!


さて、今回はお知らせ。
ここ何ヶ月か途中までしか書けてなかった感想ですが、とりあえず下げました。
完成したらまた上げる予定です。
それと同時にこのままブログはお休みします。
映画は今までと変わらず観ていますがブログに書くモチベーションが下がってしまっているというのが現状です。
ブログをやめるつもりはありませんし、また書きたくなるまでお休みということで。
多分こういう記事を書くと書きたくなるという天邪鬼な性格なので(笑)ふらっと書きに来ると思います。
という事でしばしのお別れです。
またお会いできる日までさようなら。

♪BEAT CRUSADERS/SUMMEREND

拍手

2009'03.19.Thu
もう春ですねー。
暖かくなってきて昼寝が心地よい季節、猫とよく日向ぼっこをしています。
…でも花粉がこの時期は問題ですね!
私もそこまでひどくは無いんですが、ちょっと影響を受けています。

このブログを開始して約2年半。
やっとこの記事で、めでたく記事数が100になりました。
ということは、映画の感想も100か!と思ってカテゴリーを見たら、雑記が4分の1を占めていました。そういえば書きはじめた時は雑記の割合が多かったもんな。

ブクログを見ると、まだまだ書いてない作品が沢山ありますねー。
というか、全然書けてない事が丸分かり!

映画を観る頻度は前と変わってないんですが、どうも感想を書く気力が薄れてきているので、これからも今まで通り牛歩のペースで書いていこうかと思います。

♪PESELA-QUESELA-IN/All I Want Is You

拍手

2009'01.01.Thu
あけましておめでとうございます!
昨年はお世話になりました、今年もどうぞ宜しくお願いします。

皆様の2009年が素晴らしい年になりますように…

昨年はあまり書けなかったので今年は月2本くらい書けたら良いなぁと思っています。というか映画観たら感想を書く位の勢いで!有言実行出来るように頑張る!

ひとまず昨年の内に、左側のブクログに、とりあえずメモしてある分は収納できました。
メモしだしたのは、ここ3~4年くらいかな?それ以前に観た映画は他にもあるはずですが、それは思い出し次第ちょっとずつ収納していきたいと思います。

♪BEAT CRUSADERS/SECOND THAT EMOTION

拍手

2008'12.14.Sun
もう12月も半ばですね。
ほんと、一年なんてあっという間でちょっと焦る;

久しぶりにBECRを聞いたら、メンバー関連のバンドに今更ハマりまして、最近のBGMはクボタさんのkuhばっかです。
クボタさんの歌声は物凄い癒し。
あ、そうそう。
あと細美さんやELLEGARDENメンバーの活動も楽しみです。
ELLEGARDENというバンドが好きなので、一番楽しみなのは活動が再開されることですが、ワクワクしながら待つとしよう。

今年は確実にブログ更新が減ってまして、自分でもこれはヤバイなと思っています。
映画は同じように観てるのでどんどん書きたい作品が溜まっていく…!
この記事書いたらまたちょっとでも上げていこうかと思います、うん、まあ予定は未定ですが…。

あ、あと左側のブクログもひそかに作品追加しました。
というか今までの全部消してやり直したっていう。
だってなんか画像が表示されてなくって、再取得してもバツがついてたから…。
やっとア行の映画は打ち終わった感じです、中にはDVD発売されてない作品もあって残念でした。

拍手

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7
«  BackHOME : Next »
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
さわこ
性別:
女性
趣味:
本、映画、音楽、海外ドラマ
web拍手
ブクログ
ブログ内検索
アクセス解析

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]