忍者ブログ

Tout deviennent un caractère.

映画の感想を中心に書き綴っています。ネタバレや個人的で偏った感想なども含まれているのでご注意を。

2017'10.23.Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009'03.20.Fri
PSYCHO(1960)

監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演:アンソニー・パーキンス、ジャネット・リー、ジョン・ギャヴィンetc

ストーリー:会社の金を横領したマリオン(ジャネット・リー)が立ち寄ったベイツ・モーテル。そこには管理人の青年ノーマン(アンソニー・パーキンス)と離れの一軒屋に住む年老いた“母”がいた…。伝説的なヒッチコック・スリラーにして全てのサイコ・サスペンスのルーツであり、その演出スタイルは恐怖感を煽るバーナード・ハーマンの音楽と共に数多くの模倣やパロディを生んだ。原作はロバート・ブロック。


以下、ネタバレありの感想です。

ヒッチコック監督の作品で、一番最初に観ました。
内容もよく知らないまま観たんですが、流石名作!とても面白かったです。

白黒、血の量も多くない、肝心な部分は映してないのにあのシャワーシーンは怖いですね。
ナイフを振りかざす、叫ぶマリオン(ジャネット・リー)のアップなだけなのに物凄い衝撃。
シナリオや演出、バーナード・ハーマンの音楽は素晴らしいからこそこんなにも印象に残るんですね。
60年代につくられたなんて凄いなぁ!
主観が変わるのも面白いです。

ラストはノーマン(アンソニー・パーキンス)が捕まりハッピーEDなんですがこの嫌な後味。
是非まだ未見ならば観て欲しい。

拍手

PR
[107] [106] [105] [104] [103] [102] [101] [100] [99] [98] [97
«  BackHOME : Next »
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
さわこ
性別:
女性
趣味:
本、映画、音楽、海外ドラマ
web拍手
ブクログ
ブログ内検索
アクセス解析

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]