忍者ブログ

Tout deviennent un caractère.

映画の感想を中心に書き綴っています。ネタバレや個人的で偏った感想なども含まれているのでご注意を。

2017'08.18.Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'11.02.Fri
RENT(2005)

監督:クリス・コロンバス
出演:ロザリオ・ドーソン、アダム・パスカル、アンソニー・ラップ、ウィルソン・ジェレマイン・ヘレディア、イディナ・メンゼルetc

ストーリー:1989年のクリスマス・イブの夜。イースト・ヴィレッジにある古いアパートで家賃を滞納し電気も暖房も止められながらも暮らすロジャー(アダム・パスカル)とマーク(アンソニー・ラップ)ら住人たち。そんな彼らのかつての仲間で、家主の娘と結婚して以来すっかり変わってしまったベニー(テイ・ディグス)は、一帯の再開発を目論み住人の追い出しを図る。



以下、ネタバレありの感想です。

もう物凄い大好きなミュージカル映画です。
今まで観たミュージカル映画の中で一番好き!

予告で、登場人物たちが舞台の上で歌っているシーンや、赤いサンタさんのようなコートを来た女性が柱に脚をかけて1回転するシーンとか観たら物凄い気になった作品です。

全部好きなんですが、そうするとあり得ないほど長くなってしまうのでいくつか中でも大好きな曲に絞ります。

『Seasons of Love』はOPに相応しい素晴らしい曲です。
この映画を観るきっかけになった曲なので特に大好き!
一年を525,600分で数えてるんですが、分で表すと物凄い短い気がします。
そしてこの映画を見終わった後に聴くとどんどん涙が溢れてきました。
舞台上で歌っているのも良いですよね!

『Light My Candle』はミミ(ロザリオ・ドーソン)がロジャー(アダム・パスカル)に近づきたいが為にわざとキャンドルの火を自分で何度も消して…っていうのが物凄く可愛いです。

『Today 4 U』は予告で見た赤い服の女性の曲でした。
これでエンジェル(ウィルソン・ジェレマイン・ヘレディア)が凄く好きになりました。
歌の内容は犬好きには…な内容だけど、エンジェルは本当に楽しませてくれました。
大好きー!

『Tango: Maureen』はモーリーン(イディナ・メンゼル)の元カレシのマーク(アンソニー・ラップ)と現カノジョのジョアンヌ(トレイシー・トムズ)が、わがままなモーリーンに振り回される感じがタンゴのようだ、という曲。
踊ってるシーンも素敵です。モーリーンの移り気な感じも凄い表現されてます。

『Take Me or Leave Me』は婚約したモーリーンとジョアンヌが喧嘩する曲。
お互いが「こんな私を愛したんでしょ?」と言い争います。凄い好きーお互い魅力的で。

他にも凄い好きな曲ばかりなんですが、この辺りで。

大好きなエンジェルは途中で亡くなってしまうんですが、調子が悪くなって入院の辺りは台詞もなくどんどん弱っていくエンジェルの姿を見るのがとても辛かったです。

葬儀で、確かモーリーンでしょうか。彼女がエンジェルは、皆と知り合えて私はラッキーだったと言っていたけど、それは自分達の方だと言ったシーンには号泣でした。

もう本当にエンジェル好き!大好き!

ラストでもエンジェルの名前が出てくるんですが、流石エンジェル!と叫んでしまいました。

出来れば舞台も観たいなーと思います。やはり本場のミュージカルを観たい!

拍手

PR
[75] [74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65
«  BackHOME : Next »
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
さわこ
性別:
女性
趣味:
本、映画、音楽、海外ドラマ
web拍手
ブクログ
ブログ内検索
アクセス解析

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]